紫外線照射と絹の靴下効果を水虫治療前提に比較

水虫治療が殺菌にある事から、同様の効果を紫外線に期待するケースはありますが、市販の機器は出力が限定されていますし、浸透力は期待するのが難しいので、足に照射して用いるのは厳禁です。
仮に強力な紫外線を照射しても、密度が高く層になった皮膚深部には届きませんから、表面にダメージを与えるだけなので、限られた菌を一時的に減らすのが実際に得られる変化です。
本気で水虫治療に挑戦するのであれば、想像だけで何かを試すのではなく、紫外線なら具体的な特徴や働きをとらえた上で、効率的な照射や、改善を実現する方法を検討する事が大切です。
闇雲に照射を行うのなら、絹の靴下効果の方が現実的ですし、作用の有効性も実証されているので、水虫治療に用いる事が行える選択肢です。
絹の靴下効果は5本指が水虫治療に最適で、指の間は物理的に隔離されますから、菌の栄養になる水分を溜め込まず、通気性が良い状態を確保出来る利点が優れます。
また、素材としても空気の出入りが損なわれませんから、足裏や踵も同様に通気が維持されるので、乾燥に近い状態を長く保てるのがメリットです。
折角絹の靴下効果に気が付いても、剥がれ落ちた皮膚や、汗と混じった老廃物が付着していては、時間をかけて菌が栄養を摂取しますから、十分な水虫治療に至るのは難しいと考えられます。
絹の靴下効果に期待を行う場合は、商品を複数購入して確保し、毎日履き替える習慣を身に付け、使用した物は洗剤で洗い流してから、殺菌効果のある漂白剤を用いる事が重要です。
足に限らず使用する物の手入れを含め、初めて水虫治療の仕組みは完成しますから、洗浄と殺菌漂白、そして乾燥までも一連の作業として、入念に済ませる心構えが必要になります。



ページトップへ