水虫治療では指の間の強いかゆみがポイント

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が原因で起こる皮膚の感染症です。最も一般的なのは足にできる足白癬(ミズムシ)で特に足の薬指と小指の間が白くふやけて皮が剥け、赤く腫れあがり、強いかゆみを伴うのが特徴ですから水虫治療が必要になります。。なお、足以外にも、爪や頭、手、股部(いわゆるインキンタムシ)、など体の様々な部位にかゆみを伴って感染することがあります。ただし、かゆみを伴う皮膚の病気の中にはよく似た症状が現れるものもあり、その病気によって治療方法も異なりますので、症状が長引いたり悪化した場合には皮膚科を受診する必要があります。

水虫の検査は患部の皮膚を少し採り顕微鏡で検査して白癬菌の有無を調べるので、その場で結果は判ります。水虫治療は基本的には外用抗真菌薬というカビを殺菌するぬり薬をつけることになります。入浴後にぬると効果的ですが、洗い方としては軽石やスポンジでこすると皮膚に細かい傷がついてしまうため菌に感染しやすくなるので避けます。洗い終わったら、指の間をタオルで拭いて乾かした後、ぬり薬を薄くのばして塗ります。また、水虫治療塗り薬は広範囲の予防のために足の指の間から、かかとまでのばします。塗った後は裸足でよく、塗った後石けんで手を洗えば手にはうつりません。これを1ヶ月続けると白癬菌のいる角質層は剥がれ落ち、新しい角層に生まれ変わりますが、水虫治療で治ったと思っても再発を予防するために最低3ヶ月は使い続ける必要があります。

白癬菌は皮膚に付いても水で洗い流せば菌が定着しないので、家族に感染することはありませんが、皮膚の角質層の剥がれたアカのなかにいるので、皮膚がふやけたお風呂上がりにもっとも落ちやすくなりますので水虫の人は、浴用タオルやバスタオルは家族とは別のものを使用します。そして最も注意が必要なのは足拭きマットで、家族と共用することは絶対にしないようにします。



ページトップへ